給与 [肉体労働解説のガテン系.com]


ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

給与


給与

会社員として働く場合は会社の給与体系に基づきますが、人材派遣会社などで日雇いガテン仕事をした場合などの給与のシステムには定番のルールがありますので、その解説を。


時給制

正確に労働時間分支給ではないですが、基本的に時給制となっています。
ただし特殊な時給制で、まず最初に仕事に入る時に、例えば、引っ越し10時~18時、入りますか、みたいに仕事の調整され、
この仕事の時間帯で、もう時間×時給で給与は決まります。
この報酬は保証され、仮に早く作業が終わり、1時間で終わったとしてもちゃんと支給されます。

残業割増も

基本的に労働に関しては法に則ってますので、時給こそ安いものが多いですが、1日の労働が8時間を超えましたら、時給は2割5分増しになります。
事務所移転やライブ会場設営・解体などは、作業が長時間になりがちですので、最初から10時間などが確保時間になっている場合が多く、割増賃金が発生して効率よく稼げる場合も多いです。

深夜作業も

事務所移転やイベント会場のバラし(解体)などは夜中に行う場合などが多いです。
日本の法では、深夜作業として、22時~翌5時までの間は賃金2割5分増しになります。夜勤作業も多いので、重点的に夜勤ばかり狙えば効率よく稼げます。
特に、終電ない夜中に解散の仕事は少なく、夕方集合始発解散、みたいな仕事も多く、夜勤の上に、8時間オーバーの残業分では、賃金が残業手当+夜間手当で5割増しにもなり、なかなか稼げます。
さらに、依頼のルール上、一定時間以上で発注しないといけないから8時間や10時間で仕事依頼出していますが、引っ越し・事務所移転は、4時間~6時間程度で終わることも多く、お得なことが多いです。

体力面できつくなければ深夜長時間作業狙いが割得です。

交通費は出ない

これは派遣業務が稼ぎづらい要因のひとつなんですが、多くの事務所は、通常の仕事は、交通費が出ないのがほとんどです。
多少遠いと交通費だけで1000円超えのことも珍しくなく、短時間の仕事ですと、交通費により利益の落ちる割合が大きいです。


/export/cgi/jp/x/e/haken.arrowpex/data/pages/給与.txt · 最終更新: 2020/04/05 10:03 (外部編集)